キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第11話


放火された建物の中から焼け焦げた遺体が発見される。現場にはファントムと呼ばれる連続放火魔のサイン「X」の印が残されており、遺体はファントムを追っていた火災調査官のものと判明。火災調査官の車からは、彼の遺体があった火災現場の資料と、旧靴工場の資料が見つかる。エスポジートとライアンは、旧靴工場が次の放火の標的と見て調べにいくが、建物に入ると不気味な警報音が鳴り響く。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第11話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*