キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第12話


911に無言の電話がかかる。警官が駆けつけると、浴槽に男性の遺体が横たえられていた。被害者は20歳の中古レコード店員。天才的なハッカーで高校生の時に140万ドルを盗み出した人物だ。キャッスルは被害者宅の床下からノートパソコンを発見。そのパソコンで最後にハッキングされた会社へ向かう。責任者と会う直前「今から起きることに反応するな」との謎の電話を受けたキャッスル。出てきたのは驚くべき人物だった。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第12話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*