キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第16話


ホテルの客室で胸を撃たれた男性の遺体が発見される。被害者に道端でいきなり怒鳴りつけた女性がいたとの情報を元に、その女性を事情聴取すると、あっさり殺害を自供。犯人しか知り得ないことを事細かに話す。ところがその女性には犯行時刻のアリバイがあることが判明。あまりに不可解な状況にさすがのキャッスルも首をかしげる中、新たに男性が自首する。彼も被害者の殺害を告白し、犯行の詳細を語るのだった。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第16話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*