キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第17話


ベケットがキャッスルと休日を満喫していると、ゲイツ警部から急な呼び出しがかかる。待っていたのは麻薬課の警部。売人がノドを切られて殺される連続殺人事件が起きており、関与が疑われる麻薬組織を捜査中なのだ。警察の手の内にいる運び屋に、組織から会合の連絡が入り、組織の正体を暴くチャンスと思われたが、運び屋の女性が自殺未遂を起こした。そのためベケットにその女性の代役として白羽の矢が立ったのだ。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第17話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*