キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第18話


日本人バレリーナが深夜の路地を歩いていると、突然飛んできた刃物が胸に突き刺さり絶命する。現場検証では遺体のそばに落ちていた鍵を発見。それは廃工場のエレベーターを手動で開けるための鍵だった。廃工場にやってきたキャッスルらは、エレベーターの奥の秘密の部屋を見つける。そこには怪しげな祭壇と凶器らしき刃物があった。ところが謎の忍者が現れ、瞬く間に刃物を奪い取ると、煙幕と共に消えてしまう。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第18話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*