キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第2話


猛毒を摂取してしまい、残された命が1日にも満たないと知らされたキャッスル。毒と一緒に盗まれた解毒剤を手に入れるため、ベケットたちの捜査に加わる。手がかりとなるのは、殺されたブロンソンが言い残した「ドリームワールド」という言葉だ。過去に「ドリームワールドの真実」という記事が、国家安全上の理由で差し止められていたことが分かり、ベケットたちは記事を書いた記者への接触を試みる。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第2話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*