キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第20話


廃虚ビルのコンクリートの下から、男性の白骨化遺体が発見される。それは1978年に謎の失踪を遂げたマフィアのボスだった。事件の関係者は高齢もあって記憶があいまいになっており、捜査は遅々として進まない。中でも重要な情報を持っていると思われた被害者の元相談役は現代を70年代と思い込んでおり、ベケットらは彼をパニックに陥らせまいと、70年代風ファッションに身を包み、分署を模様替えして真相を探る。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第20話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*