キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第22話


麻薬組織の元締めであるシモンズとブラッケン上院議員がつながっている証拠を得ようと密かに捜査を進めていたベケット。ようやく両者に共通する男を見つけたものの、彼は何者かに殺されてしまう。第一容疑者として浮上したのはシモンズだった。シモンズに司法取引を迫る材料を求め、工場に侵入したベケットだったが、そこで思いがけずシモンズと対峙。その後シモンズは工場で遺体となって発見される。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第22話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*