キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第5話


保護観察官の女性が拷問の末、殺される。現場から逃げる血だらけの男が目撃されており、その男が被害者をつけ回していたことも判明。彼が犯人で間違いないと思われたが男の情報は少なく、捜査が長引くことが予想された。そんな時、男が再び被害者宅に侵入したと通報が入る。ベケットたちは男を取り押さえるものの、彼は無実を主張。そして「自分は悲劇の連鎖を食い止めるために、未来から来た」と訴えるのだった。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第5話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*