キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第6話


28歳の会計士の女性が殺された。はりつけのようなポーズや聖痕のような傷から儀式殺人が疑われる。女性の部屋には宗教的な記号の写真が数多くあり、監視カメラの映像から、彼女が修道士に尾行されていたことも明らかになる。女性が連絡を取っていた大学教授は、記号は秘宝の在りかを示すのに使われていたこと、被害者に記号とある手紙の関連性について聞かれたことを話す。その手紙には「街に眠る秘密」に関するヒントが書かれていた。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第6話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*