キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第8話


著名な関係改善アドバイザーが車内で遺体となって発見される。車も彼女のオフィスもひどく荒らされており、犯人は何かを捜していたと思われた。オフィスからなくなっていたのは、ある人物の顧客ファイルのみ。その人物を訪ねると、所有するホテルに数泊させることを条件に、離婚裁判で不利となるファイルを、被害者本人からもらったと言う。早速ホテルへ向かうと、室内の金庫には燦然と輝く巨大ダイヤが入れられていた。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第8話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*