キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第9話


女性の首つり遺体が発見される。被害者の顔はラニに酷似していた。元売春婦という過去からは考えられないような豪邸や高価な服の数々に、ベケットは被害者が誰かの愛人だったと推理する。そんな時、動揺したラニからベケットに連絡が入る。被害者にはラニと同じ場所に、同じタトゥーがあったのだ。ラニに似ているのは偶然ではなかった。しかしその理由は謎のまま、今度はエスポジートにそっくりの遺体が発見される。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6 第9話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*