大草原の小さな家 シーズン1 第21話


ブルトンの息子ポールが高熱を出します。ブルトンの妻も倒れます。ベイカー先生は発疹熱の恐れがあることをみんなに警告します。あちこちで患者が出始めたため、教会を病院にして父さんもベイカー先生の手伝いをすることになりました。オルデン牧師も駆けつけ、3人とも不眠不休で患者の収容と看護にあたります。毎日何人かが死んで行きます。でも感染経路も感染源も不明です。そのうちエドワーズおじさんまで入院しました。でも幸い快方に向かうようです。父さんはエドワーズおじさんの言葉から感染の原因がトウモロコシ粉ではないかと思い当たります。値が安いためにこのところみんながピータースさんのところからトウモロコシ粉を買ってたのです。父さんとベイカー先生はピータースさんのところへ駆けつけます。なんとピータースさんはベッドに倒れていました。やはり発疹熱にやられたのです。鍵を見つけ倉庫をあけた父さんと先生はギョっとしました。ネズミが群れているのです。倉庫を焼き払いようやく伝染病もおさまりました。町のみんなにも父さんがずっと留守だったローラたちにも今度のことは大きな試練でした。でもこの困難な時にみんなの心がより強く結びついたのも事実でした。

大草原の小さな家 シーズン1 第21話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*