大草原の小さな家 シーズン1 第23話


小麦作りに頼っていては農民の生活は苦しくなるばかり。農業学校出のジョー・カルターはトウモロコシに切り替えることを勧めます。ミネアポリスの穀類問屋が親戚なので種のトウモロコシが安く入るという話しにみんな乗り気になり、仕入れの金をジョーに預けます。2週間でジョーは種を持って帰る予定です。みんな畑を耕し、すぐ種をまけるばかりにしてジョーを待ちますが肝心のジョーは戻りません。予定より2日たつのにまだ帰らないジョーをめぐって農民たちはいろいろ憶測します。ジョーが仕入れ金を持ち出したのだとまで・・・。あげくに身重のジョーの妻を責めたりします。父さんはジョーを探しに出かけます。その結果ウォルナットグローブからそう遠くないニュー・エラムを3日前に出てることがわかります。ジョーは荷の重みで馬が暴走し、ひっくり返った場所の下敷きになっていたのでした。訪ね歩いた父さんはとうとうジョーをみつけます。一方、町にたむろしていた農民たちは父さんの姿が見えないことからジョーとグルだ、などという話まで出る始末。そこへ馬を飛ばして来た少年がジョーが帰ってきたことを知らせます。ジョー夫婦はみんなのひどい仕打ちに村を出て行く決心をしていましたが、うちの外に出てみてビックリ。足を怪我して仕事の出来ないジョーのために農民たちが畑を耕しているではありませんか。この姿を見てジョー夫婦の気持ちもほぐれていくのでした。

大草原の小さな家 シーズン1 第23話のYouTube動画

無料動画検索 - Serch Video -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*